医療法人三日月会ができること、できないこと
(2015年4月1日改定)

月山チャイルドケアクリニックがお役にたてること
木曜日午後、土曜日午後、日曜日午前の一般診察
土曜日、日曜日午後の予防接種(事前予約して下さい)
小児外科診察 緊急疾患、手術には対応できませんが外科的な相談を幅広くお受けいたします。

病児保育
病気のお子さまを一時的にお預かりいたします。

入院
小児の入院8床を個室で確保いたします。(個室料はかかりません)他院からの紹介も受け入れしています。受け入れ可能な時間は当方の診察時間内です。


月山チャイルドケアクリニックができないこと
CTやMRIの撮影、脳波検査
当院にはCT、MRI、脳波計はなくこれらが必要となる疾患(頭部打撲など)については対応できません、例外的に年長児で緊急性がないものについては近くの医療機関に紹介し撮影していただくことはできます。

夜診や日曜などの特殊な検査 
夜診や日曜の診察時に緊急時を除き心電図、超音波などの検査はできません、人員的なもので申し訳ないのですが予約とさせていただいております、また特殊な血液検査はできない場合や結果に日数がかかる場合があります

他科との境界領域
交通事故を始めとする骨折などの整形外科疾患、外傷などの外科疾患、中耳炎が疑われる際など専門的科目の受診が望ましい場合は他の医療機関の受診を勧めさせていただいております

医療法人三日月会(月山チャイルドケア、病児保育室ぴょんぴょん、月山べビィクリニック)が目指すところ
自分だったら仕事を休んで(例えば病院を休診にして)子供を予防接種や病気で医療機関につれていけるだろうか、なかなか困難なことだろうなと思ったことから月山医院小児科の日曜診は始まり、病児保育が開始され、べビィクリニックの午前診での予防接種が始まりました。社会環境が目まぐるしく変化しているのに子育てをめぐる状況は変化していないため保護者の負担が増強していると私達は考えています。私達の目指すところは小児を取り巻く環境のなかで私達自身が必要性を感じていること、自分の子供が受けたいと思う医療および育児環境を私達のできる範囲で、従来の枠に縛られることなく、改善していくことと考えています。
 

前ページへ          トピックスへ