病児保育

HOME | 病児保育

病児保育とは

 病児保育事業は、病気の回復期に至っていないため集団保育が困難な児童を一時的にお預かりする市町村の委託事業です。子どもが病気の際には保護者がお休みしていただいて看病いただくのが理想ですが、保護者の勤務等の都合により家庭で保育を行うことが困難な場合、施設でお預かりさせていただくことをいいます。医療法人三日月会が運営する病児保育室『ぴょんぴょん』は和歌山市初の病児対応型として平成24年からスタートしています。

利用案内

 病児保育室『ぴょんぴょん』は病児対応型施設です。病児対応型は病気の急性期(例えば発熱やインフルエンザ)であっても医師が診察して保育可能と判断すればお預かりが可能な施設で、ぴょんぴょんでは2部屋の隔離室も完備しています。令和2年より保育園にお迎えに伺う送迎に対応しました。
 
対象:和歌山市在住の生後6カ月から小学6年生まで
定員:6名
時間:午前8時30分から午後6時30分まで
(土日祝、年末年始、クリニックの休診日を除く)
利用料:1人につき1日2000円(給食代は500円別途必要)
連絡先:073-476-2312

紹介記事


 

利用書ダウンロード

病児保育利用案内

  利用案内

病児登録書

  登録書

病児利用書

  病児利用書

送迎案内

  送迎案内

〒640-8322 和歌山市秋月482−1
Tel. 073-476-2300 FAX. 073-476-2320
E-mail office@mikazukikai.jp

お車の場合
宮街道(145号線)花山西交差点南進、宮小学校前